大阪杯2018
大阪杯2018予想ですが、昨年よりG1になり少し傾向が変わってきましたね。

昨年は金鯱賞を使った馬が穴をあけました。
今年は、金鯱賞を前哨戦として、サトノダイヤモンドやスワーヴリチャードが順調に好走しました。

G2だったころは、前走でG1を使っていた馬が休み明けで出走。
普通に走って格の違いで勝っていました。

昨年は順当にキタサンブラックが勝ちましたが、
2番人気のマカヒキ、3番人気のサトノクラウンはどちらも前走京都記念の中6週でした。
金鯱賞からは中2週で間隔を詰めて使った馬が有利な傾向という結果になりましたね。

このパターンは秋天と似ていて、秋の天皇賞は中2週の毎日王冠を使った馬が有利になっています。
金鯱賞で好走したのは、サトノダイヤモンド、スワーヴリチャード、サトノノブレス。
3番人気のヤマカツエースも4着と好走しており、
昨年金鯱賞1着で大阪杯3着という結果で、今年も要注意となります。

血統的にもディープインパクト産駒が強いレースでG2の頃から馬券になっていました。
サトノダイヤモンド、サトノノブレスはともにディープインパクト産駒です。
大阪杯

大阪杯過去

過去大阪杯では、
1番人気では3着以内が4頭
2番人気では3着以内が3頭
3番人気では3着以内が0頭
4番人気では3着以内が3頭
5番人気以下は3着以内が5頭
という結果になっています。

1番人気でただ1頭馬券にならなかったのはラブリーデイです。
ラブリーデイは前走も5着と馬券になっていませんでした。

大阪杯過去の傾向から見ると前走好調な馬が有利といえます。

1点だけ気になるのはサトノダイヤモンド。
ディープインパクト産駒でクラッシックを勝った牡馬が古馬G1で活躍できないことがあります。
ダービー馬キズナ、皐月賞馬ディーマジェスティ、ダービー馬マカヒキ、菊花賞馬サトノダイヤモンド。
いずれも古馬になってからG1で活躍できていません。

この流れだと大阪杯2018の単勝候補と複勝で堅い馬は
スワーヴリチャードかもしれません。

大阪杯2018の結果

スワーヴリチャードは結果的に1番人気でしたが、
なかなかの配当で美味しい結果になりました。

デムーロの騎乗も見事でした。
単勝350円
複勝150円